九州大学病院心療内科 九州大学病院心療内科

九州大学大学院医学研究院 心身医学

Department of Psychosomatic Medicine Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

 > トップページ − 肥満治療の臨床試験

肥満治療の臨床試験の参加者募集のおしらせ

肥満治療の現状

現在、肥満治療は、外科治療以外では、食事療法、運動療法に、心理・行動的側面にも十分に焦点を当てた『認知行動療法』とよばれる心理療法を組み合わせた包括的治療法が最も効果的であるとされています。しかし、一旦減量に成功しても、長期的にみるとその後体重が再増加(リバウンド)することが多く、その点が、現在の肥満治療の最大の問題となっています。このように減量後の長期間の体重維持に関しては、臨床的に有効な治療法は未だ確立しているとは言えないのが現状です。

当科での肥満の認知行動療法

当科では5年前より個々の肥満患者さんに対して、イギリスのオクスフォード大学が開発した新しい『認知行動療法』を行い、減量および減量後の体重維持に効果をあげてきました。これは、身体面だけではなく、ストレスへの対処法やセルフコントロールなど心理・行動面からも患者さんを支援しながら進めていく治療です。

このたび、当科では新たに、肥満患者さんに対し、集団で『認知行動療法』を行い、後述のように体重維持期に2つのグループに分けて、リバウンド防止の有効性を比較する治療計画を立てました。つきましては、この肥満治療に参加していただく患者さんを募集しますので、ご希望の方はご連絡いただければさいわいです。 

 

治療時間と期間

今回は、集団での『認知行動療法』であるため、1つの治療グループを10人前後としています。治療期間は10ヶ月です。最初の6ヶ月を減量期間とし、後半の4ヶ月を減量した体重を維持するためのスキルを会得するための期間に設定しています。減量期は毎週1回90分計26回、維持期は最初の6週間は毎週、その後は隔週で計12 行います。診療日は火曜日または木曜日です。10ヶ月という長期間に及ぶため、その期間定期的かつ継続的に外来通院できることが必要となります。

 

臨床試験について

今回の治療は、減量とリバウンド防止の肥満治療であると同時に、2つの治療法の比較を目的とする臨床試験です。減量期はどの患者さんも同じ『認知行動療法』を行います。しかし、減量期を終了した患者さんが、次の体重維持期に入るときに2つのグループに分けます。各々のグループは、その後内容の異なる『認知行動療法』を受けます。すなわち、それまでの『認知行動療法』を続けて行うグループと、運動の習慣を身につけることを主な目的とした『認知行動療法』の2つのグループに分けます。この分け方は、第三者機関によってコンピューターで無作為になされますので、どちらのグループに入るかは、患者さんも治療スタッフも事前に知ることはできません。どちらの治療法が長期のリバウンド防止に有効かは分かりませんので、どちらのグループになっても不利益を被ることはありません。またいずれのグループも、この体重維持期に専門のインストラクターによる、『ピラティス』という呼吸法を利用した体に負担のかからないエクササイズが同時に行われます。

 

参加の基準

臨床試験であるため、下記の基準に合致した患者さんのみを対象としています。@20歳以上65歳未満の成人女性、A体格指数BMI25以上35未満、B自己記入式の質問紙への記入が自力で可能、C簡単なマットエクササイズが可能であること、です。

また、以下の項目に該当される方は参加対象外となりますのでご了承ください。@最近半年以内に5kg以上の減量を行った、A摂食障害の既往がある、B現在、体重に影響する投薬(ステロイドの内服など)を受けている、C体重に影響を与える内科疾患(悪性腫瘍や内分泌疾患)に罹患している、D現在、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療を受けている、E精神疾患で治療中である、F治療期間中(10カ月間)に転居の予定がある、などです。

体格指数(Body Mass Index)=体重(kg)/(身長(m)) 2 

例えば、体重80kg、身長1.58mの場合、BMI80÷1.58÷1.5832.0となります。

 

参加希望者は

この臨床試験に参加ご希望の方は、一度当科を受診して、詳しい治療内容の説明を受けていただき、十分にご理解されたうえで、治療の同意が得られれば、集団のメンバーがそろった段階で治療を開始するという手順を踏みます。初回受診のさいは、下記の担当者にご連絡のうえ、予約をとっていただきご来院ください。

なお、肥満に対する当該治療は、現在の医療保険で心理療法の一つとして適応されます。保険適応のない検査項目や、ピラティス・エクササイズについては、患者さんの特別な費用負担が生じることは一切ありません。

 

受診予約または照会の連絡先

九州大学病院心療内科外来 TEL:092-62-5335
              

サブメニュー

九州大学病院新外来棟について

心療内科は、「4階フロア西受付」になります。

1階にはSUBWAYカフェも入り、明るく広いロビーや開放的な空間設計が好評です。