アジア心身医学会

御挨拶


アジア心身医学会
会長 久保 千春

アジア心身医学会は、アジア諸国による心身医学の研究発表および交流の場として、1984年にその第1回大会が東京で開催されました。
以後2年ごとにアジア各地で開催されており、毎回アジア各国から多数の参加者が集まり心身医学に関係するアジア各地の人たちと交流するよい機会です。
 2000年第9回東京での開催時に、名称が発足時の国際心身医学会アジア部会からアジア心身医学会に変更されました。
 アジアでは経済発展は目覚ましいものがありますが、一方、さまざまな心理社会的問題が生じ、ストレス関連疾患が増えています。心身医学の重要性は益々高まっています。アジアの文化風土にもとづく心身医学を構築し、更に発展させていくことが必要です。
 
 皆様方のアジア心身医学会へのご参加を心よりお願い申し上げます。

2011年12月


新着情報

平成27年9月16日

17回アジア心身医学会のご案内 → 詳細はこちら
The 17th Asian Congress on Psychosomatic Medicine

日時:2016820日(土)、21日(日)

会場:九州大学医学部百年講堂(〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号)

大会長:須藤 信行(九州大学大学院医学研究院 心身医学)

The 17th Asian Congress on Psychosomatic Medicine

August 20-21 , 2016

The Kyushu University School of Medicine Centennial Hall

1-1 Maidashi 3-chome Higashi-ku, Fukuoka 812-8582, JAPAN